2022年11月24日

頑張れ!サッカー日本代表

こんにちは、院長です。

久しぶりのブログ更新です。
これは書いて記録に残しておきたくて書き出しました。
そう!
サッカー日本代表が強豪ドイツに逆転勝ちしたことです。
その前にサウジアラビアがアルゼンチンを破った試合も劇的でした。
前半アルゼンチンの優位で試合が進み、アルゼンチンの猛攻撃がありました。
オフサイドで救われましたが、三点くらいゴールネットを揺すられました。
PKで与えた一点を後半で逆転しました。後半一点取った時点で大きく
スタジアムの雰囲気が変わりました。そっからはサウジアラビアの流れで
アルゼンチンは点をとることができませんでした。
強豪チームでも10回やって1回しか勝たないチームでもそれが本番で起こればいい。
その通りの展開だったかもしれません。
その試合があって、ドイツ戦です。
日本はほとんどが海外でプレーしている選手で一昔前とは技術力も上まっている
ということは知っていました。
だけどドイツ相手ですからね〜。ドイツに尊敬があります。優勝4回ですから。
昔はサッカーといえばドイツの選手の名前が有名でしたもんね。
しかし、ドイツで活躍している日本人もいます。
決して勝てない相手ではないです。NHKの解説でも互角と言ってました。
試合が始まりすぐに日本のゴールが決まりました。
残念ながらオフサイドでしたが。
その後はドイツの猛攻撃を受け、ゴールキーパーのナイスセーブで切り抜けました。
唯一PKを与えてしまい、先制された時は、やっぱりドイツは強いなと思いました。
1対0で前半が終わった時、サウジアラビアのことが頭をよぎりました。
後半で流れが変わらないかなと。
後半日本の猛攻が始まり同点になりました。
その後何気ない縦パスを上手にトラップして、スペースの無いところに
あっさりゴールした浅野選手にはびっくりしました。
もう勝ちを確信しました。
しかし、ドイツの猛攻は止まりません。
ちょっとした油断で逆転されるかもしれません。
ハラハラしながらみた最後のセットプレーをクリアして
ゲームが終了した時、子供のようにはしゃぐ長友が印象的でした。
個々の技術力の向上もありますが、チームワークで勝ち取った勝利だと思いました。
キャプテンの吉田選手が言ってましたが、何度もディスカッションをして
共通認識を作ったことが勝利につながったのだと思いました。
竹内歯科クリニックも個々の技術の向上もさることながら、
チームワークで診療をしていますので、質の高い診療ができていると思います。

ここまで読んでくださったあなた、ありがとうございます。
長文になりました。
posted by インチョウ at 22:36| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/189949182

この記事へのトラックバック