2007年10月10日

血がサラサラになる薬

こんにちは、院長です。

歯学に限らず医学もこの前まで出来なかったことが
できるようになっていたりします。

脳梗塞を起こしても昔ならば寝たきりになったのが
お薬やリハビリのおかげで普通に生活できるように
回復するまでになっています。

術後再発防止のため血がサラサラになる血栓を
作りにくくするお薬を使ったりします。

つまり、血液が固まりにくくするお薬です。

とても役に立っているのですが、抜歯をするときには
注意が必要になります。
発作が起ってから1年くらいは外科処置は控えます。
その後はお薬を1週間くらい休んでから抜歯をしたり
していました。薬の効果が弱まるのに1週間くらいかかるからです。

しかし、今では血液の固まる指標を見て薬を止めないで
抜歯をする方法もあります。
当然、普通より出血しますのでそれなりの処置は必要になります。

先日、ワーファリンという血を固まりにくくするお薬を飲んでいる
患者が来ました。上述の理由により抜歯は可能でしたが、
問題はその人の体調でした。
緊張しやすく血圧があがりやすく、心配症で気分がすぐ悪くなる
人でした。その人の主治医は薬を止める事を許可しませんでした。
また、外科処置という負荷をかけることも心配していました。

よって、当院での抜歯はしないで、総合病院での抜歯の予定
になりました。

個人によって条件は違いますので、自分の状況を隠さず話すことが
安全な治療につながりますので、あなたのことを
たくさん教えてください。
posted by インチョウ at 22:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 治療のこと
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/5807894

この記事へのトラックバック