2007年10月30日

絶対抜かなきゃいけないの

こんにちは、院長です。

抜歯の基準なんてことばがあります。
この状態の歯は抜きましょう。とか
この状態でも残せますとか。

しかし、私はその基準に決まったものはないと思っています。

今から振り返ると大学の授業でもその基準なんて
教えてくれなかったと思います。
ですから、一人一人の医師の裁量によるところが大きいです。

さて、その抜歯ですが、
往診先で、普通なら抜歯して入れ歯を作るという基本的な
流れの中で抜歯を治療の予定に計画した患者がいました。

しかし、本人は痛くもないし、入れ歯にも問題ないし、
抜歯をしたくない、と言い始め、少し鬱の状態になっていました。
本当に、抜歯をすることがこの患者の幸せなんでしょうか。
抜歯をしないで、入れ歯を作ってあげたほうがいいことも
あると思います。

そこで、この患者は、抜歯をしないことにしました。
家族も本人も少し微笑みました。

この歯とうまく付き合っていきましょう。
posted by インチョウ at 14:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 治療のこと
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/6325386

この記事へのトラックバック